多様化する葬儀のスタイル

時代の変化に伴って葬儀のスタイルも大きく変化しています。今や自分の葬儀スタイルを決めたり、演出を葬儀会社と打ち合わせし自分らしい最後を生前に決めることができる時代になりました。また、昔は盛大に行ってきた葬儀も核家族化や高齢化社会によって、できるだけ費用を抑えて簡単に済ませたいというニーズもどんどん高まってきました。自分に合ったスタイル、大切な人にあったスタイルを考えるためにも種類を知っておく必要があるでしょう。

日本で古くから伝統的に行われてきたのが一般葬です。一般葬は故人の古くからのお付き合いのある方や会社の方など広く交友関係のある方々に参列していただき盛大に行う式です。伝統や宗教を重んじ、今でも地方では根深く残っています。生前関わりのあった多くの方と故人を偲ぶことができるというメリットもあります。また一般葬とは対極的なのが家族葬、密葬です。家族と近親者のみで行われる場合も多く、参列者も少ないのでゆっくりと故人とお別れができるのが家族葬です。そのほかにも簡略化したスタイルの葬儀として、お通夜がなく葬儀と告別式だけを1日で行う1日葬、お通夜、葬儀、告別式を省き火葬だけを行う火葬式があります。
規模の大きな葬儀では、組織に貢献した故人を団体や企業主催で功績を偲んでお別れをする団体葬、家族や親族だけで葬儀を行った後に知人、友人、お世話になった方を招いて行うお別れ会などがあります。また、変わった形の葬儀として、宗教や宗派のスタイルに縛られることなく自由に行う自由葬、火葬後に海に散骨したり、自然に還りたいという故人に思いを組んだ自然葬などを選ぶ方もいます。

それぞれのスタイルにそれぞれの良さがあります。そして今はどれも希望すれは実現できる時代です。さらに、生前から準備ができます。自分に合った形を見つけ準備しておくことは故人にとっても残された家族にとっても有意義な最後を過ごすためにとても大切なことでしょう。どんな最後を迎えたいのか、そのためにはどんなスタイルが望ましいのか、家族や大切なパートナーと話し合ってみることをおすすめします。